摺動摩耗対策・疲労強度向上にカナック処理 株式会社カナック

処理のラインナップ
カナック PDFダウンロード
カナック処理とは

カナック処理とは、窒素の拡散現象を用いた表面処理方法で、窒素と母材に含有している合金元素(特にCr、Mo、V)と反応させながら、硬化層(拡散層)を形成させる処理です。

カナック
カナック処理の特性(社内比)
特性 カナック処理 塩浴窒化 浸硫窒化
表面の主組成 CrN、MoN、Fe Fe2-4N S化合物、Fe3N
窒素化合物層(μm) 0~2 15~25 10~30
硬化層深さ(μm) 40~100 100~400 100~400
面粗度Rz(μm) 2~5 15~35 20~45
寸法変化量(μm) 0~5 15~25 15~30
表層の剥離 なし あり あり
溶接性 問題なし ボイドの発生 ボイドの発生
付き回り性 均一 不均一 不均一
繰返し処理 5回以上可 2回まで 2回まで
PVDの付き 良好 不可 不可
メッキの付き 良好 磨けば可能 不可
適用鋼種と表面硬さ
適用鋼種 Cr% 表面硬さHV
冷間ダイス鋼 5~14 1000~1400
熱間ダイス鋼 2~6 800~1100
高速度工具鋼 3.5~4.5 1200~1400
粉末高速工具鋼 4~6 1200~1400
Cr-Mo鋼 1~2 600~800
γ系SUS 16~24 1200~1400
M系SUS 10~20 900~1400
α系SUS 10~30 900~1200
硬さが大幅にUPしない鋼種 Cr未含有の材質(SC、SK)低温焼戻材・・・変寸大
金属組織写真(SKD61)
カナック処理
カナック処理
ガス軟窒化処理
ガス軟窒化処理

鏡面金型とシボ金型の外観
カナック処理後に鏡面仕上げが必要です
カナック処理後に鏡面仕上げが必要です
カナック処理後に艶出し加工が必要です
カナック処理後に艶出し加工が必要です

PAGE TOP
特徴

■表層に脆い窒素化合物層(白層)が生成しにくい
■クラックを進展させるカモメマークが生成しません
■比較的浅い硬化層(拡散層)になります
■面荒れをおこしにくい
■寸法変化量が小さい
■溶接時にボイド等の欠陥をおこしません
■付き回り性が良好で、細穴や異形状にも均一に処理が可能です
■繰返し処理が可能です
■各種処理と組合せた複合処理が可能です

使用目的

■耐摩耗性向上

適応分野

■各種ダイカスト
■射出成形
■プレス成形
■機械構造用部品
■電機部品

主用途例

■鏡面金型
■シボ金型
■射出成形用の構成部品
■各種ダイカスト用の構成部品
■粉体輸送管
■粉砕機スクリーン
■搬送用チェーン
■耐摩耗部品
■高合金鋼の刃物類

PAGE TOP

サイト内検索

Kanuc BLOG

株式会社カナック 本社・藤枝工場
〒426-0001 静岡県藤枝市仮宿1634-1
TEL : 054-644-7988 FAX : 054-644-7987