ダイカスト金型の溶損・焼付 画像認識部品の乱反射防止 (黒染)OX処理

処理のラインナップ
OX PDFダウンロード
カナックOX処理とは

カナックOX処理とは、カナック処理後に特殊酸化皮膜を生成させた複合処理で、高い耐溶損性を付加した処理です。基地にカナック処理層を有する為、ヒートクラック対策にも効果を発揮します。また、色調は均一な黒色を有していますので、画像認識用治具にも最適です。

ダイカスト用カナックOX 画像用カナックOX
特徴

■耐溶損性に優れています
■耐焼付き性に優れています
■カジリ抑制効果に優れています
■通常の溶接作業は問題なく行えますが、酸化皮膜層を除去して頂くと溶接性が向上します
■靭性を損なうことなく、繰返し処理が可能です

使用目的

■耐溶損性向上
■離型性向上
■耐摩耗性向上
■耐ヒートクラック性向上
■画像認識性向上

適応分野

■各種ダイカスト
■アルミ押出し成形
■機械構造用部品
■電子部品

主用途例

■各種ダイカスト用金型
■各種ダイカスト用鋳抜きピン
■押出し成形用金型
■画像認識用治具

PAGE TOP
更に緻密になった酸化皮膜層でAlの浸食から金型をガード!カジリ・溶損を防ぐ!

概略図

概略図

溶損率(%)

カナックOX カナックOX改良
0.165 0.022
溶損率グラフ

実績評価例
space 適用部品 従来の状況 処理後
A社 ハイシリコンアルミ材用の
SKD61材の鋳抜きピン
PVD処理は、1,530ショットで溶損
カジリが発生し、再研磨を行っていた。
カナックOX処理後、12,000ショットに延命
B社 ADC12アルミ材用の
SKD61材の金型
窒化処理品は溶損と焼付きのため
16,000ショットで廃却
カナックOX処理後、38,000ショットに延命

A社

処理別ショット数 A社

B社

処理別ショット数 B社

PAGE TOP

■黒色の単一色が得られ、乱反射を防止します
■下地にカナック処理層があるので、耐摩耗性も十分に得られます
■SC生材でも、十分な黒色が得られます

PAGE TOP

サイト内検索

Kanuc BLOG

株式会社カナック 本社・藤枝工場
〒426-0001 静岡県藤枝市仮宿1634-1
TEL : 054-644-7988 FAX : 054-644-7987