PVD・DLC被膜の密着力をUP カナックPVD処理

処理のラインナップ
PVD PDFダウンロード
カナックPVD処理とは

カナックPVD処理とは、ニューカナック処理後にPVDコーティング処理した複合処理で、カナック処理で形成した硬化層と面粗度を小さくかつ整えるピーニング効果とで、PVD皮膜の密着性を向上させる処理です。

カナックPVD
スクラッチテスト 荷重:100N(100倍)
カナックPVD処理
カナックPVD処理
PVD処理のみ
PVD処理のみ

カナックPVD処理品の組織写真

カナックPVD処理品の組織写真

カナックPVD処理品の硬さ分布イメージ図

カナックPVD処理品の硬さ分布イメージ図

評価事例
space 適用部品 従来の状況 対策 処理後
A社 成形パンチ
被加工材:SPCC
t=2.0mm
HAP72を使用し10万ショット ニューカナック+PVD(TiCN) 62万ショットまで延命
B社 成形ローラー
被加工材:S35C
SKD61改+PVD(TiN)
14,000ショットで寿命
ニューカナック+PVD(TiN) 21,000ショットまで延命
C社 絞りダイ
被加工材:SPCC
t=1.2mm
SKH51にTD処理で200万ショット
熱変形の為、毎回修正が必要
ニューカナック+PVD(CrN) 寿命は同等だが、熱変形が
極小の為修正不要
D社 温間鍛造上型 YXR33材:10,000ショットにてカケ発生 ニューカナック+PVD(TiN) 25,000ショットまで延命
PAGE TOP
特徴

■PVD皮膜の密着性が向上します
■PVD皮膜を形成するために、耐磨耗性が向上します

使用目的

■PVD皮膜の耐剥離性向上
■耐摩耗性向上

適応分野

■プレス成形
■冷間・温間鍛造
■各種ダイカスト
■機械構造用部品
■電機部品

主用途例

■プレス成形用金型(パンチ&ダイ)
■冷間・温間鍛造用金型
■各種ダイカスト用鋳抜きピン
■耐摩耗部品

PAGE TOP

サイト内検索

Kanuc BLOG

株式会社カナック 本社・藤枝工場
〒426-0001 静岡県藤枝市仮宿1634-1
TEL : 054-644-7988 FAX : 054-644-7987