鉛フリーはんだ侵食対策ならサーフ処理 株式会社カナック

処理のラインナップ
サーフ PDFダウンロード
サーフ処理とは

サーフ処理とは、鉛フリーはんだによる装置部品の浸食を遅延させるための処理です。鉛フリーはんだは一般に融点が高い為、装置部品の浸食に関する環境が悪化し、はんだ浴槽等の寿命が著しく短くなると言われていますが、カナックのサーフ処理がこれを解決しました。また、表面硬さが高くなるために、キズ防止にも効果的です。さらに、色調は黒色を呈しているために、画像認識用部品にも最適です。

サーフ画像用サーフ
特徴

■鉛フリーはんだに対し、親和性が低下します
■複雑な形状や細穴、深穴にも均一な処理層が確保できます
■寸法変化や変形が少ない
■光反射防止に優れています
■1200HVと高い硬さが得られます

使用目的

■浸食防止
■耐摩耗性向上

適応分野

■電子部品
■画像処理関連

主使用例

■鉛フリーはんだフロー槽
■鉛フリーはんだディップ槽
■鉛フリーはんだ製造周辺機器
■画像認識用部品

PAGE TOP
鉛フリーはんだ 浸食比較試験
鉛フリー化による浸食深さの対象
試験条件
使用はんだ 温度条件 試験時間 試験方式
従来:Su-37Pb 450℃ 120時間 上下スライド方式(3mm)
現在:Su-Ag-Cu
はんだ浸食試験後の断面写真
浸食試験後の断面写真 SUS304 無処理
SUS304 無処理
浸食試験後の断面写真 SUS304 サーフ
SUS304 サーフ

試験条件
使用はんだ 温度条件 試験時間 試験方式
Sn-Ag-Cu 450℃ 60時間 上下スライド方式(3mm)
他社窒化処理との浸食試験の比較
試験後 サーフ
試験後 サーフ
試験後 無処理
試験後 無処理
試験後 他社S処理
試験後 他社S処理

硬さ分布表
浸食試験 比較データ
試験条件
使用はんだ 温度条件 試験時間 試験方式
Sn-3.0Ag-0.5Cu 400℃ 133時間 60rpm
PAGE TOP

■黒色の単一色が得られ、乱反射を防止します
■下地にカナック処理層があるので、耐摩耗性も十分に得られます

PAGE TOP

サイト内検索

Kanuc BLOG

株式会社カナック 本社・藤枝工場
〒426-0001 静岡県藤枝市仮宿1634-1
TEL : 054-644-7988 FAX : 054-644-7987