局部溶損対策・湯流れ改善にはカナックプラス処理 株式会社カナック

処理のラインナップ
プラス PDFダウンロード
カナックプラス処理とは

カナックプラス処理とは、放電被覆法で表層にWCを溶着させた後、カナック処理または、カナックOX処理した複合処理で、高い耐溶損性を発揮します。多少面荒れをおこしますので、限定された特定部位への適用となります。

カナックプラス

カナックプラス処理は、ダイカスト金型のゲート前に見られる局部的な溶損対策として開発しました。
また、グラビティ鋳造の塗型の下地処理としても効力を発揮します。

評価実績例
適用品 現状 材質 改善状況
ダイカスト用鋳抜きピン タフトライド品は1時間毎に磨き SKD61 1週間連続鋳造が可能になった
ダイカスト用金型 Ti3コートは8時間で焼付 SKD61 6日間以上焼付無し
低圧鋳造用金型 3,000ショットで使用不可 SKD61 10,000~12,000ショットまで延命
低圧鋳造ゲート口金 500ショットでちぎれ発生 YXR33 3,000ショットまで延命
PAGE TOP
更に緻密になった酸化皮膜層でAlの浸食から金型をガード!カジリ・溶損を防ぐ!

試験条件

アルミ材 ADC12
溶湯温度 700℃
回転数 200rpm
試験時間 連続30分
材質(硬さ) SKD61(48HRC)

溶損試験片外観

溶損試験片外観

溶損試験結果

溶損試験結果 グラフ

カナックプラス断面写真

カナックプラス断面写真

一般的な放電被覆断面写真

一般的な放電被覆断面写真

【お願い】カナックプラス処理は、放電被覆処理により、面が荒れます。ご用命の際は、営業員にお尋ね下さい。

PAGE TOP
特徴

■放電被覆層の密着力が向上します
■高い耐溶損性を発揮します
■土砂磨耗に強くなります

使用目的

■耐溶損性向上
■密着力向上
■耐摩耗性向上

適応分野

■各種ダイカスト
■低圧鋳造
■土木関連基材

主用途例

■各種ダイカスト用金型
■各種ダイカスト用鋳抜きピン
■低圧鋳造用金型
■重力鋳造用構成部品
■耐摩耗部品

PAGE TOP

サイト内検索

Kanuc BLOG

株式会社カナック 本社・藤枝工場
〒426-0001 静岡県藤枝市仮宿1634-1
TEL : 054-644-7988 FAX : 054-644-7987